インプラントの高い治療効果と価格の話【ザ・ホワイトトゥース】

歯科

医療控除を賢く利用

白い歯

価格が高くて、治療効果の非常に高いインプラントを選択しようにも少しためらってしまっている、という人は多くないかもしれません。インプラントは人体に影響のないチタンでできた部品を歯茎部分の骨へ差し込み、その上から人工歯を装着するという治療法なので、歯が抜けた際の治療法としては最も高い効果を発揮します。しかし、自由診療に分類されるため価格は高額となってしまうでしょう。
できれば費用を抑えたいけど腕のいい医師のところで見てもらいたい、そしてどうしてもインプラントできれいな人工歯を手に入れたいという場合には、医療費控除を利用するという手があります。

医療費控除とは、1年の間に医療に関してかかった費用が10万円を超えた場合、支払う税金からある程度の控除を受けられるという制度です。手続きをする必要があるため、何もしなければ自由診療にかかる料金を支払うだけですが、申請すれば場合によってはかなりの額が返ってきます。
医療費控除の制度にて嬉しいのは歯科や内科、外科などどこで受けた治療であっても、その合算が10万円を超えれば受けられるという点でしょう。さらに、車両による通院以外であれば、病院への交通費も合算することが可能です。もちろん、処方された医薬品や市販品だって合算できます。
また、この医療費は配偶者や親族のものを合わせられます。たとえば、自身が1年間で5万円使用し、配偶者がやはり5万円使用した際にも、控除を受けることができます。
そのため、価格の高いインプラント治療を受けたとしても、ある程度の負担を減らせるでしょう。

ちなみにこの医療費控除は所得が多ければ多いほど、つまり所得税の納税額が多ければ多いほど還付率が上がります。例えば、妻の所得より夫の所得のほうが高い場合、二人の医療費の合計を夫の名前で申請するとより多くの還付金を受け取ることができるでしょう。
このように、工夫次第で医療費の数十パーセントもの還付金を受け取ることのできる医療費控除制度なので、インプラントなど価格の高い治療を受けた際は細かい費用も合算し、賢く利用していきましょう。